おまけ

アナログボードの不良で起動できなくなった場合の応急処置的起動方法です。

この方法は私がアナログボードの不良で起動できなくなった今回改造したiMacで、改造するまで使っていた方法です。アナログボードの中でもフライバックトランスの故障による起動不良の場合のことですので他に原因がある場合は分かりません。

この加工もブラウン管周りは高圧になるので丸1日以上電源を抜いておくなりして十分に放電対策をしてから作業を始めて下さい。

アナログボードの赤丸左(基盤でD)の左から2番目のピンを外すか、コネクターを外します。この状態で起動するとブラウン管はつきませんがiMac自体は起動しますので、ロジックボードユニット(とでも言うのでしょうか)の後ろのモニターケーブルを外し、外付けのモニターに接続すればとりあえず使用できるようになります。電源ランプはオレンジのままですが。

 

その後A-1>>

<<取り外したブラウン管周り