水槽のセット

 水槽のセット手順はそれぞれのシステムによって異なりますので、セットを買ったお店に聞いてください。
 水槽のシステムについては、このシステムでなければ海水魚が飼えないというものはありません。それぞれの水槽がおけるスペースや予算に合わせて選んでください。
熱帯魚を飼育していたものでも十分飼育は可能です。この場合気を付けなくてはいけないことは、その装置が海水対応になっているかということです。海水魚を飼育しているとどうしても塩ダレという問題がついて回ります。これが海水対応になっていないものので飼育していると、漏電の原因になってしまうのです。熱帯魚飼育で一般的な上部フィルターなどは特に注意が必要です。熱帯魚セットとして売られているもののほとんどが海水対応のポンプではありません。海水対応のポンプでない場合は、海水対応のものがポンプだけでパーツとして売られているのでそれを購入するようにして下さい。パワーフィルターやパワーヘッドなどは海水対応になっているはずですので、そのまま流用できます。(取り扱い説明書で確認して下さい。)

 オーバーフローシステムは、水槽内がすっきりする、濾過槽の大きさが大きくとれる、工夫次第で色々なシステムが組める、濾過槽を下に持ってくることで空いた水槽上部に照明を増やせる、等ほかにも色々メリットはあります。しかし、あまり凝ったものにすると費用がばかにならなくなってしまう、重さが重くなってしまう、等のデメリットもあるので、とりあえず海水魚を飼ってみたいという人には余りお薦めできません。しかし、始めから本腰を入れて飼育してみたい、ある程度こつもつかめたので本格的に飼育してみたいという人には、お薦めです。

 海水魚に興味があって、とりあえず今あるシステムを生かして始めたいという人には、上部フィルターのみで飼育している人は、底面フィルターとパワーヘッドをプラスして、底砂はサンゴ砂に変えて、上部フィルターの瀘材はシポラックス、エーハイメック等の吸着効果のない瀘材と、医王石の様な吸着効果のないミネラル石?を少し余裕をもって入れ、上にウールマットを敷く、という組み合わせをお薦めします。少し余裕を持たせるのは、必要に応じて吸着材などを出し入れできるようにしておくためです。

 パワーフィルターの場合は、テトラマリンプログラムというテトラのパンフレットを参考にしてもらうとよいでしょう。一番下にウールマットを敷き、あとは荒めのサンゴ砂とシポラックス、エーハイメック等、医王石という組み合わせをお薦めします。

 オーバーフローシステムは予算とどのようなシステムにするかで色々なパターンが考えられるので、ご相談に応じます。

 最後に、なぜサンゴ砂の使用をお薦めしているかというと、海はPH8.2というアルカリ性なので、PHの下降を緩やかにするという効果が期待できるものの中で、コストが安いからです。