水槽セット後の管理

水槽セット後の管理については、まず濾過の仕組みをよく理解することです。

濾過の仕組みは

            餌の残り・魚の排泄物
                   ↓
        ウールマットなどによる↓物理濾過
                   ↓
                   ↓
                   ↓→ プロテインスキマーによる除去
                   ↓
                 アンモニア
                 ↓   ↑
ニトロソモナス等(好気バクテリア)↓   ↑(嫌気バクテリア)
                 ↓   ↑
           硝化作用   亜硝酸塩   逆硝化作用   生物濾過
                 ↓   ↑
ニトロバクター等(好気バクテリア)↓   ↑(嫌気バクテリア)
                 ↓   ↑
                  硝酸塩
       定期的な換水・苔や海草による吸収、デニボールによる分解

以上のようになっています。

 アンモニアが一番毒性が強く増え過ぎると危険です。
亜硝酸塩はアンモニアほど毒性は強くはありませんが、やはり毒性は強いほうなので増え過ぎると危険です。
硝酸塩はほとんど無害ですが、やはり増え過ぎるとあまり好ましくありません。

 アンモニアが増えてきたからといってすぐに水換えをするのも好ましくありません。
バクテリアも生き物ですから餌を食べて生活しています。それがこの場合アンモニアであり亜硝酸塩なのです。ですから、頻繁な水換えによってバクテリアの餌であるアンモニアを捨ててしまっては、いつまでたってもバクテリアは繁殖しません。アンモニアを亜硝酸塩に換えるバクテリアが繁殖しないということは、亜硝酸塩も増えないわけですから、亜硝酸塩を硝酸塩に換えるバクテリアも繁殖しないということになります。

 それは、アンモニアも亜硝酸塩も硝酸塩も増えないので一見よいように見えますが、バクテリアが繁殖していないわけですから、少しでも水換えを怠ると水質が悪化して、ばたばたと魚が死んでしまうということになります。本当に立ち上がった水槽というのは、アンモニアや亜硝酸塩は増えていなくても硝酸塩はどんどん増えていくということになるのです。そのようにするためには、セットしたての頃はたいていルリスズメ等の丈夫な魚しか入っていないと思いますから、アンモニアが多少増えたところですぐに死んでしまうことはありませせん。とりあえず、アンモニア、亜硝酸塩、硝酸塩のテスターは揃えて、まずアンモニアを測ってみて相当の濃度になっていたら水換えをします。

 その目安は、魚の状態で判断します。魚の呼吸が早くなっていたり、様子がおかしくなっていたら1/3程水換えをします。(様子がおかしいとは、鼻あげをする・体色が黒ずんでいる・病気でもないのに体をこする等です。)そうしないとバクテリアの繁殖が遅れてしまいます。

 アンモニアの次に出る亜硝酸塩についても同じです。

 そうしているうちに、アンモニアも亜硝酸塩も出なくなってきます。そうなったらバクテリアが繁殖してきた証拠ですので、新しい魚を足していきます。そうして水槽の状態が落ち着いたら、水換えのサイクルは月に2回から1回でよくなります。それ以上延ばしても平気ですが、段々水が黄ばんできて見苦しくなってしまいます。それでも構わないという人はそれでもいいのですが、硝酸塩の濃度は高くなっているということを忘れないでください。硝酸塩濃度が高くなっていると、濾材が目図まりを起こして逆硝化作用によっていつ亜硝酸塩やアンモニアが増えるとも限りません。