飼育補助器具

殺菌灯

 これは、読んで字のごとく菌を殺すものです。勘違いをしていけないのは、殺菌灯を付けたからといって病気は治りません。あくまでも殺菌効果を期待するものであって、殺虫効果はほとんどありません。白点病やウーデニウム病は、菌が原因なのではなくて虫が原因なのです。それに、殺菌灯には硝酸塩を亜硝酸塩に換えてしまう効果もあるみたいです。

 なんだそれでは殺菌灯を付ける意味がないではないか、と思われるかも知れませんが、正常に機能している水槽では亜硝酸塩もすぐにまた硝酸塩に変わりますので問題はありません。それに、虫はほとんど殺せなくても菌や苔などの胞子(だと思います。)は殺しているので、苔に悩まされている人や、水質は問題がないのに魚が死んでしまうというのはなんらかの雑菌が原因だと考えられますので、ぜひ一度つかってみてはいかがでしょうか。



オゾナイザー

 これは、オゾンの発生装置です。オゾンは強い酸化力を持っていて、この強い酸化力を利用しての殺菌効果と有機物の分解という効果を期待できます。ただし強い酸化力のおかげで直接人間が吸い込んだり、量を多く使用してしまうと生体にも酸化作用を起こして肌が荒れてしまうとか、鰓がとけてしまうとか色々な障害が出てしまいます。

 しかし、この強い酸化力のおかげで、亜硝酸塩を硝酸塩に変えてくれたり、白点虫などの虫も殺してくれますので、無脊椎水槽のような薬の使えない水槽で病気が出た場合や、魚水槽での病気の予防等のために、オゾンコントローラーと、魚の皮膚に直接触れるとよくないので後に書きますプロテインスキマーとの併用で、魚の体に直接触れることなく添加できますし、オゾンによって分解された有機物も除去できますのぜひ使用をお薦めします。ついでに酸化還元電位(ORP)モニターを併用してコントローラーが正常に作動しているかを監視すればさらに安心だと思います。

 プロテインチキマーのみの使用よりも、はるかに水の輝きが増しています。



プロテインスキマー

 これは、蛋白質除去装置となりますが、実際はゴミ取りです。ウールマットを敷いているから必要ないのではないか、と思われるでしょうがこれはウールマットを通過してしまうような微細なゴミを取り除く装置です。実際に使用してみると、こんなに透明に見える水槽でもこんなにゴミがあったのかと驚くと思います。


以上が海水魚の飼育で主だった飼育補助器具ですが、他にも色々とあると思いますのでお店の人に聞いてください。

 ここに書いた飼育補助器具はあくまでも補助ですので、これがないと飼えないというものではありませんので、必ず揃える必要はありません。ただし、あれば飼育管理がだいぶ楽になりますので、予算と相談しながら揃えていったらいかがでしょうか。一応予算の面からもお薦めできるパターンは、殺菌灯、プロテインスキマー、オゾン関連品という順番です。

 また、これらの器具はどういう経緯で発達してきたかということを良く理解して揃えるようにしてください。それはどういうことかというと、これらの器具が発達してきた海外では、日本と違い水道水の塩素を中和して、そこに人工海水を溶かして使用すればいいというわけにはいかないのです。人間でも水道の水をそのまま飲むとおなかをこわすと言われています。そのために、一度セットした水槽で、いかに水換えをしないで長期間魚を飼育するかということで、これらの器具やロ材、添加剤類が色々開発されてきたわけですから、まめに水換えを行える人にはほとんどの種類が必要ないということになります。ただし、このような人達でも、半年、一年と経っていくうちに段々おっくうになってきたり、長期間の外出などでしばらく水換えができなくなってしまうと、水槽の状態がおかしくなってしまいます。このようなことにならないように、自分の管理の仕方にあったものを、あれもこれもではなく、できるだけ無駄な出費をしないように揃えてください。