雪割草栽培の基本

●潅水

 雪割草は比較的水を好む植物ですが、鉢の中が過湿にならないように気をつけましょう。鉢の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えます。 晩秋から春先までの涼しい時期には朝行うようにします。(昼でも夜でも構いません。雪割草は寒さには強いので多少鉢が凍っても心配ありませんが、霜は根が浮き上がったり切れたりすることがあるので注意が必要です) 。初夏から初秋までの日中の気温が高くなる時期には夕方から夜にかけての涼しくなってきたころに行うようにします。(この時期に朝行いますと、日中の気温の上昇で鉢の中が蒸れてしまい根腐れや病気の原因になります。また夜に行うと高くなった鉢内の温度を下げる効果があります。) また、空気が乾燥しやすい春から夏にかけてと冬の時期には注意が必要です。