雪割草栽培の基本

●用土

 水捌け良く又水持ちが良ければどんなものでも構いませんが、一種類でこの条件を満たすものはないと思いますので、何種類かを配合して使います。種類としては、焼赤玉、硬質鹿沼土、日向砂、日光砂、富士砂、桐生砂、軽石、ベラボン等がありますので、入手しやすいものを2〜3種類配合して使うとよいでしょう。また、配合の比率は管理の仕方や置き場所によっても変わってくるので、一概にこの配合比率が良いというものがありませんので、色々ためしてみるとよいと思います。雪割草の好む用土とは根が張り付いているので植え替えなどの時に気をつけていれば分かると思います。

例としては、

硬質鹿沼土 : 日光砂か桐生砂 : ベラボン
5     3      2

硬質鹿沼土 : 日光砂か桐生砂 : 焼赤玉 : ベラボン
4      2     2    2

硬質鹿沼土 : 日光砂か桐生砂 : 軽石 : ベラボン
4     2      2   2

等が良いでしょう。

ベラボンの替りに硬質鹿沼土を増やしても構いません。